特殊能力を発揮し、テロに挑む

SP(エスピー)とは、要人警護官(Security Police:セキュリティポリス)のことで、国政に関わる国内外のVIPを警護することが主な任務です。その歴史は、1975年に始まり、本場アメリカのシークレットサービスがお手本であります。

SP(エスピー)は、時としてVIPの身代わりとして盾となる”命がけ”の職業なのです。ドラマ・SP(エスピー)の主人公・井上薫(岡田准一さん)は、このSPの任務遂行の盲点・弱点を事前に見つけ出し、不測の事態の芽を摘み取るという新しい任務を担っているのです。

実は、井上薫には一瞬で物事を記憶したり、足跡などから情報を察知するという特殊能力があるのです。個性的で一癖あるSP(エスピー)の生え抜き課員達との摩擦にも負けず、テロとの闘いに果敢に挑んでいくのです。迫力のあるアクションと知的な推理を要するストーリーは、見応えのあるモノになっています。

「特殊能力を発揮し、テロに挑む」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。